英国フットパスウオーク

英国フットパスウオーク

英国を歩く

英国Footpath Walkの記録

Alfriston Walk

Sussex&South DownsPosted by Ema Macrae Sun, February 01, 2015 14:52:28
距離 6.4Km


泊まった宿はAlfristonの町の中心にあるジョージ イン
600年以上の歴史を持つハーフテインバーの建物
看板はおなじみの馬にまたがりドラゴンをやっつける騎士、イングランドの守護聖人 聖ジョージ
フルイングリッシュブレックファーストをたっぷり食べて出発。
ちょっと 雲行きが怪しげ、、、、。

ウオークの前に町の観光
宿から歩いて2分 アングロサクソン時代のマウントの上に立つ聖アンドリュー教会


教会の横にある 茅葺き屋根の牧師館
14世紀中頃に建造が始まったもので現在はナショナルトラストが管理している
1896年に創立したナショナルトラストが最初に購入した物件として知られ
ホールの天井近くの梁に彫られた樫の木の葉っぱは ナショナルトラストのロゴである
”樫の木の葉とドングリ”のインスピレーションだったと言われている



再びジョージインまで戻り 向いの道を住宅街に向かって入って行く
どんどん上り坂、、舗装道路はおしまい、、さらに上り、、。
上がりきると開けた丘陵地の上に出る、遠くには前日訪れたセブンシスターズも微かに見える。

ここにも羊
このあたりから霧の中を歩いてる感じ、、、寒くは無いもののかなりびしょ濡れ
坂道を降りてBerwickの村に入り パブ The Cricketers Armsで休憩
町の外れにあるBerwick Churchで雨宿り
何の変哲も無い教会は 20世紀初期の芸術家、学者たちが結成したブルームズベリーグループの
メンバーが描いた壁画があった。
ヴァージニア ウルフとともに結成時のメンバーのだったヴァネッサ ベルを含む3人の
メンバーが描いたもの

横殴りの雨のなか開けた畑を抜けて Alfristonの村に戻る
全国新聞にも取り上げられた個人の本屋さんを発見

ジョージインに戻って 温かいお風呂、、。
雨のウオーキングもなかなか。



  • Comments(0)//footpathwalking.emakm.co.uk/#post0