英国フットパスウオーク

英国フットパスウオーク

英国を歩く

英国Footpath Walkの記録

クマのプーさんの森 ウォーク

Sussex&South DownsPosted by Ema Macrae Fri, March 18, 2016 21:54:46

世界で最も有名なクマさん “クマのプーさん”は1926年 A.A.MILNEが書いた
Winnie-The-Pooh という絵本によって 世の中にデビューしました。

私がプーに出会ったのは 幼稚園の頃、親戚の家でなんとなく手に取った一冊の本を開いた時です。

本を開くと突然表れた 最初の見開きの可愛いイラストの地図。ものすごい衝撃でずっと頭の中にとどまりました。これが実は実際に存在する場所で それも私が暮らす事になるイギリスだなんて 何かの縁があったのかも。



というわけで 冬の間お休みしてたウォーキング

2016年最初のウォークは このプーさんが活躍する森のウォークです。

お話の舞台はロンドンから車で南東に約2時間弱

イーストサセックスのAshdown Forest。

その北にあるHartfield村の近くにはMILNEが家族と暮らしたCotchford Farmの家も残っています。お話の中に出てくる100 Acre WoodはAshdown Forest の一角、松の木林がある500 Acre Woodから取られた名前です。

Hartfield から南に降りるB2026の道沿いには プーのお話に関連する名前のついた駐車場が何カ所あります。私のウォークの始まりは Gills Lap (物語の中ではGalleons Lap)の駐車場。

      お供の愛犬 ボニー

ゆったりした坂道を登ると すぐ到着するのが背の高い松の木が立ち並ぶ高台。海抜204mの開けた素晴らしい眺め。主人公クリストファーロビンがEnchanted Place(魔法にかけられた場所)と呼んでいる所です。

松の木を数えるとあるときは63本、あるときは64本 それでそんな名前になりました。

      この眺めを味わいながら持参のサンドイッチもまた格別に美味しい

細い小道を降りていくと プーとピグレットがヘファランプを生け捕りにするために掘った大きな穴


250mほど歩くとまた開けた場所に。

ここにはA A MILNE とイラストレーターのE H SHEPARDの記念碑があります。


          カンガルーの赤ちゃんルーがジャンプの練習をする 砂場。


B2026を横切り お話のフクロウが住む100Acre Woodに入ります。
乗馬用の道を通り丘を越えると小川に橋が架かっています。。


North Pole (北極)探検に出かけたクリストファー ロビンと仲間達が谷間に降りていった際、  ルーが落っこちた小川。プーが見つけた長い木の枝で(これがNorth Pole ( 柱/棒) )でルーを助けます。

 小川を見つけるなり飛び込んだボニー。でも自力で上がれなくなって助けが必要でした。ボニーは 今年で13才のおばあちゃんです。

          この奥がくらーい性格のろば、イーオーがすむ湿地

辺り一面 黄色い花を付けているのはゴース(Gorse) ハリエニシダ。トゲトゲが沢山あります。




      プーもこのトゲトゲにさんざんやられています。

ぐるっと一周1時間半から2時間のウォーク。最高のお天気に恵まれました。
駐車場にもどったら 次は車で5分ほど北側の駐車場へ移動。

その名も Poohsticks Bridge Carpark

駐車場から10分ほど 白樺やブナの森林の間のなだらかな坂道を降りていきます。

そこにあるのがかの有名なプー棒投げ橋。Poohsticks Bridge

今から100年以上前 伐採した木材を運ぶためにPosingford Bridgeという橋が架かりました。A A MILNE が息子のクリストファー ロビンと 一緒に川に棒切れを落として どっちの棒が橋の反対側に先に現れるかを競争するゲームをして遊んだ場所、お話の中ではプーが考えだしたゲームPoohsticks を楽しむ橋です。

1979年 老朽化の進んだ橋を再建した際 Poohsticks Bridgeに改名されました。

現在の橋は 1999年に再建された3番目の橋、建造費は主にディズ二—からの寄付によって完成したそうです。

     皆んな 童心にかえって真剣勝負。

毎年世界プー棒投げ選手権 World Poohsticks Campionships なるものがテムズ川で行われているそうです。
          オフィシャルルールブックまである。

夏から秋はヘザーが咲いてまた素敵なウォーキングが楽しめそうです。




  • Comments(0)//footpathwalking.emakm.co.uk/#post9

Seven Sisters Walk 1

Sussex&South DownsPosted by Ema Macrae Sun, February 01, 2015 19:33:23
白い岸壁が7つ繋がっているセブンシスターズ
歩き所は色々なルートがあります。
風も強く 雨まじりなので一番簡単で眺めのいいルート
Seafordの町のゴルフ場近くの駐車場から出発
どんどん歩いて行くと 遠くに白亜系チョークの岸壁が見えてきます
雨雲がこっちに向けて広がってきています
Hope Gapというところから 鉄の階段をおりていきます
引き潮早く引き上げないと帰りはびしょ濡れになりそう、、、。
案の定 車にたどり着いた頃にはかなりの雨、、、。
宿泊予定のAlfristonに向かいます



  • Comments(0)//footpathwalking.emakm.co.uk/#post2

Battle Walk

Sussex&South DownsPosted by Ema Macrae Sun, February 01, 2015 17:45:42
距離 8Km

英国史上の大事件 1066年ヘイステイングの戦いの舞台になったのが
このBattleという町
戦いに破れ最後のアングロサクソン系のイングランド王となったハロルド2世を
やぶったのは フランス ノルマンディーから1300隻もの船で攻め入った
ノルマンディー公ウイリアム
ロンドンで戴冠式をあげ ウイリアム征服王になったわけです。
戦いの勝利を記念して建てたのがこの Battle Abbey
主祭壇の場所はハロルド2世が戦いに敗れ息をひきとったスポットと言われてる
アビーの横にある駐車上の先から ウオーキングの始まり
1066Country Walk のサイン
1066年”ヘイステイングの戦い”の年号です
水気があって特別に美味しいのか ぬかるみにすっかりはまって黙々と草を食べ続ける牛
牧草地をぬけると農家の建物
ba-ba- black sheep



車道をわたって細い道に入ると 両側に民家が何件か、、
可愛らしいレトロな道路標識
森の中に入ると撓わに実をつけた栗の木が一杯。
地面に沢山落ちてます。

ここまでたどり着くまで結構迷ったので疲れ気味、、。家へ帰ってから早速オーブンで焼いた栗
甘くって美味しいー
思いがけない収穫。ウイリアム制服王ならフランス風にマロングラッセかな、、。smiley



  • Comments(0)//footpathwalking.emakm.co.uk/#post1

Alfriston Walk

Sussex&South DownsPosted by Ema Macrae Sun, February 01, 2015 14:52:28
距離 6.4Km


泊まった宿はAlfristonの町の中心にあるジョージ イン
600年以上の歴史を持つハーフテインバーの建物
看板はおなじみの馬にまたがりドラゴンをやっつける騎士、イングランドの守護聖人 聖ジョージ
フルイングリッシュブレックファーストをたっぷり食べて出発。
ちょっと 雲行きが怪しげ、、、、。

ウオークの前に町の観光
宿から歩いて2分 アングロサクソン時代のマウントの上に立つ聖アンドリュー教会


教会の横にある 茅葺き屋根の牧師館
14世紀中頃に建造が始まったもので現在はナショナルトラストが管理している
1896年に創立したナショナルトラストが最初に購入した物件として知られ
ホールの天井近くの梁に彫られた樫の木の葉っぱは ナショナルトラストのロゴである
”樫の木の葉とドングリ”のインスピレーションだったと言われている



再びジョージインまで戻り 向いの道を住宅街に向かって入って行く
どんどん上り坂、、舗装道路はおしまい、、さらに上り、、。
上がりきると開けた丘陵地の上に出る、遠くには前日訪れたセブンシスターズも微かに見える。

ここにも羊
このあたりから霧の中を歩いてる感じ、、、寒くは無いもののかなりびしょ濡れ
坂道を降りてBerwickの村に入り パブ The Cricketers Armsで休憩
町の外れにあるBerwick Churchで雨宿り
何の変哲も無い教会は 20世紀初期の芸術家、学者たちが結成したブルームズベリーグループの
メンバーが描いた壁画があった。
ヴァージニア ウルフとともに結成時のメンバーのだったヴァネッサ ベルを含む3人の
メンバーが描いたもの

横殴りの雨のなか開けた畑を抜けて Alfristonの村に戻る
全国新聞にも取り上げられた個人の本屋さんを発見

ジョージインに戻って 温かいお風呂、、。
雨のウオーキングもなかなか。



  • Comments(0)//footpathwalking.emakm.co.uk/#post0